えんとつ町のプペル展

以前からすっごく気になっていた作品だったので、今日がにえんとつ町のプペル展の最終日だったので学生時代にやっていたバイトの友人を誘って一緒に新城市にえんとつ町のプペル展を見に行ってきました♪

名古屋から車で約1時間30分ぐらい。

初めて来た新城市です。

この展示会がやっている鳳来館もすごく古い建物みたいで、明治の雰囲気を漂わせる素敵な建物でしたよ。

実際に作品がどれも照明が当てられていてすごく幻想的でした。

 

展示されている作品は一部だったけど、それでも物語があって、切ない気持ちになったけどなんか泣けるそんな作品でした。

ちょっとキング・コングの西野さんのイメージが変わりました。

帰り際にグッズ販売があったのが絵本を買おうと思ったけど売り切れみたいで買うことができなくてショックでした。

 

アマゾンで売っているのでさっそく注文してしまいました。

 

でも、西野さんってほんとすごいんだなって関心してしまいました。いろいろな企画を立ててこうやって実行できる力すごいな。

 

えんとつ町のプペル展を見終わったあとは新城市を観光してきました。

新城市には三大東照宮の鳳来館っていうお寺があってそこに行ってきましたよ。思ったより人が多かったし、樹齢300年の木はちょっと圧倒されましたね。

 

なにか力をもらえたような気がします♪

 

友達とも久しぶりにプチ旅行したし、なんだかんだいっていろいろ楽しんだ一日でした。

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です