友人が岐阜でわきが治療しようか悩んでいる…

岐阜県に住んでいる私の友達から悩みを打ち明けられました。それはわきがについてです。

以前から、私もすこし臭うなというイメージはあり、そこまで意識していなかったのですが、友人は以前からかなり気にしていた様です。

わきがの症状は、衣類が黄ばんで、えびシュウマイのような独特の臭いを放っているそうです。洋服の脇の部分が黄ばんでしまうため、黄ばみが目立つ白い洋服が着られないと言っていました。

さらに長時間、洋服が脇に接しているため、洋服にもわきがの臭いが移ってしまい、洋服を着る時には、必ず黄ばんでもいい肌着を着て、洋服に黄ばみが付着しないようにしているそうです。

肌着の黄ばみがひどくなったら、捨てて新しい肌着を買うなどしているらしいです。

 

粉末の酸素系漂白剤に浸けて、黄ばみを取ったりもしているそうです。その際は、肌着の洗濯表示を見て、酸素系漂白剤に浸けても問題ないか確認しているようです。

また、ストレスを抱えていても、わきがの症状が出てしまうことがあるようでもともと両親もわきがのけがあるようでそれを遺伝しているらしいですね。その岐阜の友達いわく親から子へわきがが受け継がれてしまう場合がみたいで…。

ドラッグストアにわきが対策用の商品が売っているようですがそれを使っていても逆に変な臭がしたりすると以前悩んでいたらしく、とくに、思春期のときはかなり気にしていたそうです。

ひどいときは脇をかがなくても、わきがの臭いが自分でもわかるため周りの人達に不快な思いをさせているのではないかといつも悩んでいたみたいです。

そんな彼女も社会人になりお金もあるので本気でわきが治療しようか悩んでいそうです。岐阜市わきが治療でいろいろと探していたみたいですがなかなか踏ん切りがつかないとのことです。そんな悩みを私に話してくれました。

そんなデリケートな悩みを私に打ち明けてくれた友人にそこまで信頼していてくれるんだとすこし感激しました。私の真剣にその悩みを聞いていきたいと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です